主の祝福と警告


「私はこの予言の業に加わるあらゆる手を祝福します。というのは、古の預言者が語ったように、もし、律法学者が私の聖なる言葉を尊ぶことがなければ、あなたがたはそれを聞くことはあり得なかったからです。私はこの業の伝達に関わるすべての人々を祝福します。私は、あなたの知らない方法であなたに報酬を与えます。また、ここに述べられる疫病や災害からあなたを守ります。この女預言者に供給する人は、エリヤに食事を与えたやもめのように、預言者の報酬を受けるでしょう。これらの予言を否定あるいは抵抗する人々は苦い杯を飲むことになるでしょう。あなたは自分自身の救いに抵抗しているのです。あなたは知識の不足によって損なわれるでしょう。だれでもこの予言の業を破壊しようと試みる人を、私は破壊します。『わが油そそがれた者たちにさわってはならない、わが預言者たちに害を加えてはならない』とあるからです」。

1998年2月13日
召され、選ばれた神の預言者
J.ダグラス・スワッフィールド
(J. Douglas Swaffield)

人の子の現れるのも、ちょうどノアの時のようであろう。すなわち、洪水の出る前、ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていた。そして洪水が襲ってきて、いっさいのものをさらって行くまで、彼らは気がつかなかった。人の子の現れるのも、そのようであろう。

マタイによる福音書24: 37-39

ノアたちへのメッセージ

「この世を愛する人は世の終りの予言を否定するでしょう。悪魔的な、人の知恵を通し、人の努力による、人の建造の業であるバビロンの崩壊を見て彼らは泣き叫ぶでしょう。
彼らの

地上の束の間の都市を求めず、神が設計者であり建築者である土台と一つである人々は真のアブラハムの子たちです。彼らは私の喜び、私の友です。彼らは自分の命よりも私を愛します。私が命の創始者であるからです。これらのしるしにより、贖いの時が近いことを知って彼らは歓喜します。

地上の命を保持しようとする人々は、迫り来る災いを拒絶します。私と私の義を愛する人々は邪悪な者たちによって悩まされますが、暗闇の崩壊を歓迎します。

人の子の現れるのも、ちょうどノアの時のようでしょう。彼らはあざけり笑ったのですが、その時、既に遅かったのです。
遅くなり過ぎるまで、彼らが馬鹿にして、笑ったので。
ノアたちがいるので、私はこれらの予言を与えました。彼らにはこれらの言葉を聞いてほしいと私は願っています。彼らは喜んで言葉を受け入れて実を結び、私に栄光を帰すのです。パリサイ人のように怒り狂った不信者たちに驚いてはいけません。ラオデキアの教会は自己満足とプライドのゆえに吹き飛ばされます。悔い改めのない者たちの中にあって、数人の人たちが心を開いているので、私は戸を叩いて語りかける」とイエス様は言われます。

これらの予言の言葉は人々の心の思いと意図とを裁いて、彼らをばらばらに分裂させてしまうことでしょう。言葉は人の心の隠れた思い、即ち、真に私を愛するか、自分の命を愛するかを暴露するでしょう。

すべて人の達成したものは私の前では無に等しいのです。日の下ではすべてが無です。すべてこのような奮闘努力には終わりが有ります。私がいつまでもこの堕落した民と奮闘するわけではないからです。それは一時的に過ぎません。その日はもう幾ばくも残されてはいません。世は禁断の果実によって毒せられました。それはちりから出てちりに戻ります。私は、再創造の言葉をこの堕落した民に語りました。信じるなら誰でも新しい命を得るためです。暗闇を愛する者には罪定めがあります。

私が肉体となったのは、あなたがたが霊の体をまとうことが出来るためです。私はあなた方の死を死にました。それは、あなた方が私の命を生きることが出来るためです。私はあなたがたの罪を担いました。それは、あなたがたが私の義を担うことができるためです。

私は人々の心を試します。私は、これらの予言を用いて彼らの心が探られ、悔い改めて彼らの魂が救われるかどうかを見ましょう。ニネベの人々は聞いて悔い改めました。Ninevitesは聴かれて、悔悟されます。

多くの人々はこれらの言葉によって、救いを見出すことでしょう。教会から確証を得ようとするのではなく、「異邦人」の中に実を見出しなさい。ユダヤ人は私を拒んだけれども、ニネベの人々は信じて解放されました。が、Ninevitesは信じて、届けました。

あなたには多数の霊的な子供たちがあります。

私の言葉は前進して、私が立てた喜ばしい目的を達成するでしょう。それには収穫があります。私の言葉は命の言葉であるからです。嘘つきは激怒しますが、真理は多くの人々を自由にします。」

1998年2月11日
J.ダグラス・スワッフィールド
(Douglas Swaffield)



FTM HomePage


日本語トップページ
(Japanese Top Page)


感謝
(Thanks)

序論
(Introduction)

私の人生における神のみ手
(God's Hand In My Life)